コロナウィルスについて

 昨今の世界と国内状況は、稀にないコロナウィルス(感染症)に苦悩な毎日を過ごしています。

 大変な毎日を皆さんは、如何お過ごしでしょうか?

 コロナウィルスは、いわゆる【3密】等が言われていますが、物から人へも感染するなど、現時点ではまだまだ解明されていないことだらけです。

 これらを踏まえて、愛媛県遊漁船渡船組合から下記の通達が来ました。

 

 

新型コロナウイルス対策マニュアル

                                      愛媛県遊漁船業協同組合

①従業員(船長)の感染予防対策
手洗い、うがいのタイミングを決めて定期的に行う。
従業員(船長)の体調(発熱、咳、倦怠感などの有無)を確認する。

②マスクの着用
咳やくしゃみによるウイルス飛散防止のためマスクを着用する。

③アルコール消毒の実施
通常清掃に加えて、アルコール消毒、従業員(船長)の手、指のアルコール
消毒をする。

④3密(密閉、密集、密接)を避ける。
船室に大人数を入れない。
操舵室には乗客を入れない。
乗客どうし間隔を開ける。
こまめな換気と、必要以上に接近しない。
最大、定員5割を目安とし、密集をさせない。(10人以下が望ましい)

⑤店舗に感染者や濃厚接触者が来店した場合
速やかに自治体(新型コロナウイルス一般相談窓口、電話番号089-909-3468、24時間対応)、地区役員等に連絡し、PCR検査を受ける。結果がわかるまで営業自粛する。本人(従業員など)が感染してる場合2週間程度休業する。
地区すべて休業することはしない。

⑥発熱や咳、咽頭痛がある乗客は、もし来店しても乗船をお断りする。
まず電話にて確認し、来ていただかないよう呼びかける。(ドタキャン歓迎)

⑦国、県より個別に休業要請が出された場合
要請に従い全船休業する。

 

 当店といたしましても上記の指針を踏まえて、様々な対策を取りつつ、お客様の安全第一を考慮していきたいと思います。


具体的に!

 原則として乗船時には、マスクの着用、ブリッチ・客室への入室禁止等の措置。

 また今後は、乗船前に検温を行い発熱がある場合には、乗船をお断りすることがありますので予め、ご了承とご理解をお願い致します。

 今後ともよろしくお願い致します。